整体師とは?

 

整体師

 

整体というと、「ボキボキ、バキバキ」という怖いイメージがありますが、そのような荒いことをやる昔ながらの整体もたまにはありますが、最近は根拠のある施術をやるようになり、何でもボキボキとはやりません。
首を傾けていて、さらにボキッを傾けたり、頭を一方へ回しておいてさらにボキッを回したり、腰や背中に飛び乗ったりするような整体は、根拠がありません。首をボキッとやっても、頸椎(けいつい、首の骨)は7個ありますが、何番目を矯正したかわかりません。

 

ボキボキされるのが気持ち良いという方がたまにいますが、ボキッとやられた瞬間、脳から快楽ホルモンが出て、気持ち良いと錯覚するだけ、とカイロプラクティック師は言います。
ボキボキやらなくても、筋肉や皮膚は脳と直結しているので、ストレッチ、タッチ、押したりなどで刺激するだけで脳が刺激され、脳から良い命令が出されると、ホルモンの関係で筋肉や皮膚の状態が改善します。

 

日本人には、肩こりと腰痛が非常に多いです。
厚生労働省の国民生活基礎調査(平成22年)によると、男性は「腰痛」、女性は「肩こり」を訴えている方の割合が最も高いです。
症状別にみると、では「腰痛」での有訴者率が最も高く、次いで「肩こり」、「鼻がつまる・鼻汁が出る」、では「肩こり」が最も高く、次いで「腰痛」、「手足の関節が痛む」となっている。

 

厚生労働省の国民生活基礎調査 世帯員の健康状況(平成22年)

 

ですから、街を歩くと、整骨院、接骨院、整体院、鍼灸院、カイロプラクティック院、マッサージ指圧、アロマテラピー、リフレクソロジーなど色んなリラクセーションの看板が目につきます。
ストレスによる心身の疲れを取りたいという、現代人の癒し願望にこたえて、院やサロンが沢山あります。

 

整体師には、大きく分けて国家資格のものと民間資格のものがあります。

国家資格には

  • 柔道整復師(ほねつぎ・接骨師)
  • はり師・きゅう師(鍼灸師)
  • あんまマッサージ指圧師

国家資格を得るには、これらの学科がある専門学校で3年間、もしくは大学で4年間学んだ後に、資格試験を受けるようになります。
国家資格ですから、開業することもできるし、病院や医療福祉の施設に就職することもできます。
また、プロ野球やJリーグの選手、競輪選手や格闘家、オリンピック選手のスポーツ・トレーナーとして活躍したり、スポーツジムを経営している人もいます。

 

民間資格には

民間資格は、一般的には専門学校、スクールの卒業試験が資格になります。

整体師

  • 整体師
  • カイロプラクター(カイロプラクテック師)
  • オステオパス(オステオパシー施術家)
  • 気功師

その他、

  • アロマテラピー
  • リフレクソロジー(足裏マッサージ)
  • タラソテラピー
  • エステティック
  • アーユルヴェーダ

などのリラクセーションの資格もあります。

 

資格を取って開業することもできるし、整体師・カイロプラクターであれば、専門学校が関連している病院や整体院に就職することができます。
整体師でスポーツ・トレーナーをしている人もいます。

 

リラクセーションの資格は、開業することもできるし、専門学校が関連しているサロンに就職することができます。

 

医業類似行為とは?

病気の治療や保健の目的をもってする行為で、医師・歯科医師、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師など、法令によって資格を持つものが、その業務の範囲内でする診療、施術以外の行為のことです。
それらの資格を持たないものが医業類似行為を業とすることは、人の健康に害を及ぼすおそれがあるため、法律によって禁止されています。

 

例えば、「マッサージ」を職業としてやるにはあんまマッサージ指圧師でなければできません。
整体師が「マッサージ」という看板を出せないですが、「タイ式マッサージ」や「整体クリニック」、「腰痛センター」は構わないです。

 

昭和35年(1960年)1月27日HS式無熱高周波療法(療術の範疇にある電気療法)に係る最高裁判決およびこれを受けた同年3月30日付各都道編知事宛の厚生省医務局長通知には「無届の療術行為業者であっても人の健康に害を及ぼすおそれのないものについては禁止、処罰の対象とはならない」とされているので、何ら資格がなくても有害の恐れをきたさない限り営業はサービス業として自由であると判断されています。

 

厚生労働省の医業類似行為に対する取扱いについて(平成3年)

 

最高裁判例 昭和35年1月27日

 

なぜ今整体師?

自然医学が注目され、高齢化社会という大きなマーケットとともに、スポーツやダイエットをはじめとする新たなニーズも誕生している整体師やリラクセーションの前途は明るいです。

 

看護士、歯科衛生士、理学療法、放射線技士などの医療資格は独立することはできませんが、整体師は就職することも、開業することもできます。
しかも、「先生」と言われて、他人に感謝され、健康を回復してもらった時の喜びは、何とも言えない達成感があります。

 

社会のために役に立ちたい、人から感謝される豊かな人生を送りたいと考える人にとって、最も心を満たすことができる、精神面においても充実することができる仕事です。

 

このサイトでは、民間資格のカイロプラクティク、整体、リフレクソロジーなどの全国の通学講座、通信講座について紹介いたします。
整体師を目指すプロコースでは、ボディケアの基本となる知識をはじめとして、筋膜療法、介護整体、スポーツ整体など、手技が異なるさまざまな整体技術を学ぶことができます。

 

ケイコとマナブの「整体師講座」の無料一括資料請求はコチラ↓↓↓↓↓

整体師講座